お役立ち情報

都市型vs現地ショップ比較

都市型のダイビングショップと、現地のダイビングショップ。
どちらがどう良いのでしょう?

ここでは詳しくメリット、デメリットを比較してみます。
ただし、費用に関する比較は別のページをご覧ください。

ダイビングライセンス取得費用の比較

都市型ダイビングショップのメリットデメリット

<都市型ダイビングショップを使うメリット>

  • お店などから現地まで無料で送迎してくれるお店が多い
  • 一見、現地ショップと比べると価格が高いが、無料送迎を考えると割安
  • 講習に力を入れているお店が多い
  • 少人数でグループ分けをするお店が多い
  • 使うダイビングポイントが豊富

※上記のメリットは一部のダイビングショップには当てはまらない事も多いのでご注意下さい。当サイトでは、上記のメリットを提供できるショップだけを登録しています。

<都市型ダイビングショップを使うデメリット>

  • マニアックな要求には弱い
  • 高額な器材を売りつけるお店も存在する

※当サイトでは、高額な器材を売りつける、いわゆる「ぼったくり店」と呼ばれるお店は登録していません。詳しくはこちら

現地ショップのメリットデメリット

<現地ショップを使うメリット>

  • マニアックな要求に応えてくれる
  • 現地に家が近い人には断然割安
  • いつも潜っている海には詳しい

<現地ショップを使うデメリット>

  • 特に混雑する夏場は潜る人数が多い(少人数生で無い)
  • お客もマニアな人が多いので初心者には使い辛い

以上が大まかな比較になるかと思います。
他にも、メリットやデメリットは有るでしょうし、必ずしも当てはまらないお店も多数あるかと思います。

では、これからダイビングのライセンスを取ろうとしている初心者の方は何を基準に選べば良いのでしょうか?

それについてはこちらで解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP