ダイビングの続け方

ダイビングを続けるために大事な5つの要素

1.出来るだけ体に負担が無い方法でダイビングをする

ダイビングは意外と体力を使います。特に初心者の方は、上級者に比べて無駄な動きも多いため疲れやすいようです。
また、ご自宅から海までが遠い方は、往復だけでも一苦労です。
せっかくのリフレッシュのためのダイビングで、余りに疲れてしまってお仕事に支障が出てしまうのも困りますね。ですから、出来るだけ体に負担が無く続けられる環境でダイビングをする事が大切なのです。

2.いろんな場所でダイビングをする

いつも同じ場所ばかりで潜るより、いろんなポイントで潜った方が楽しみも増えます。それに、同じ場所ばかりで潜っていてもスキルアップしません。
ポイントやダイビングスタイルによって、エントリー方法(陸、またはボートなどから海へ入る方法)など違うスキルを使う必要が有ります。それに慣れるためにも、同じ場所だけでなく、いろんな場所で潜る事も大切です。

3.ダイビング仲間を作る

意外なことに、ダイビングは一人で始める方が多いスポーツです。でも、ずっと一人だとやっぱり続けられません。ダイビングを続けるためには、ダイビング仲間を作ることも大切です。
いつも同じお店でツアーに参加していれば、すぐにダイビング仲間ができます。
お店には同じくらいの経験やレベルのダイバーもいれば、もっと上のレベルのダイバーもいるかも知れません。でも、一度でも一緒にツアーに参加すれば、それでもうダイビング仲間です。
同じお店のお客さん同士なら、次のツアーで会う確率もかなり高くなります。2~3回ツアーに参加すれば、それ以降のツアーでは誰かしら知り合いがいたりするものなので、特に最初のうちは出来るだけ頻繁にダイビングに参加して仲間を作ることがダイビングを続ける秘訣です。

4.同じインストラクターに教わる

最初のうちは、出来れば同じお店のインストラクターから教わる方が良いです。インストラクターによって教え方や考え方が全然違ったりしますので、いつも違うインストラクターから教わっていると、かえって混乱して上達の妨げになることが有ります。
同じお店のインストラクターなら、教え方や考え方もある程度は統一されているので、混乱することなく上達出来ます。
多くのインストラクターの意見でも、ある程度通うお店を決めて潜っているダイバーと、決まったお店を持たないダイバーではスキルの習得度にかなりの差が有ると言われています。

有る程度上達して、いろんな技術がきちんと身に付いたら、逆にリゾートなどで違うインストラクターの動作ややり方などを見て勉強するのも良いでしょう。

5.自分の器材を持つ

ダイビングは道具に頼るスポーツです。顔から足まで、全身が道具に包まれて行うスポーツです。
そして、その道具の良し悪しで上達も変わってきます。
快適性、安全性を考えても、出来るだけ早く自分の器材を持つことが大事です。
最近はほとんどのお店でレンタル器材を用意していますが、肌身に付けたり、口を付けたりする道具なので、やはり自分の器材が清潔で安心です。安全性から言っても、自分の器材に比べてレンタル器材は
リスクも有ります。
器材は高価ですが、自分の器材を持つことで、一回のダイビング費用は安くなります。

長く続けるなら早く自分の器材を持つ事も大切です。

ダイビングを続けるために選ぶお店

ご紹介した、ダイビングを続けるための5つの秘訣。

これらを満たすためには、どんなお店を選ぶのが良いのでしょうか?

それは、ズバリ!住んでいる場所の近くに有るダイビングショップを探すことです。

首都圏に有るダイビングショップの多くは、ダイビングポイントまで送迎してくれます。

これなら、

体に負担の無い方法でダイビングが続けられる
いろんなダイビングポイントへ行ける
同じお店の中で仲間を作れる
同じインストラクターから教わる

これらの条件が全て当てはまりますね。
(このサイトに登録されていないダイビングショップには、送迎を行っていないダイビングショップも有りますので事前にご確認ください)。

PAGE TOP